アクセス解析(Webalizer) 月間利用統計

月間利用統計のページでは、該当月のアクセス情報の詳細が表示されます。
それぞれの項目についてご説明します。

1.月の統計
2.日ごとの統計
3.時間ごとの統計
4.URL別の統計
5.国別(ドメイン別)の統計


1.月の統計
該当月の合計数や一日あたり、一時間あたりの平均や最大値などの統計が表示されます。
また、閲覧者からの全リクエストに対するレスポンスコードが表示されます。

レスポンスコードとは、閲覧者のブラウザに送るコードです。
主なコードは以下のとおりです。

レスポンスコード 内容
Code 200 – OK リクエストが正常に転送された。
Code 206 – Partial Content 部分的なリクエストが転送された。
Code 304 – Not Modified リクエストされたコンテンツは更新されていなかった。
Code 404 – Not Found リクエストされたコンテンツが見つからなかった。
Code 500 – Internal Server Error サーバ内部でエラーが発生した。(CGIエラー等)

 


2.日ごとの統計
該当月の日ごとのヒット数、ファイル数などの統計がグラフと表で表示されます。
グラフと表の色は、年間利用統計ページの内容と同一です。

 

 

3.時間ごとの統計
該当月の時間ごとのヒット数、ファイル数などの統計がグラフと表で表示されます。
グラフと表の色は、年間利用統計ページの内容と同一です。

 


4.URL別の統計
URL別の統計では、コンテンツごとの各種統計が表示されます。
全URLは、ヒット数の上位が表示されます。

 
全URL By KBytesは、転送容量の上位が表示されます。

 
Total Entry Pagesは、閲覧者が最初に閲覧したページの上位が表示されます。
◎検索エンジンや外部からのリンク先となりますので、閲覧者がどのページに興味があるかなどを確認することができます。

 
Total Exit Pages は、閲覧者が最後に閲覧したページの上位が表示されます。

 
リファラーは、閲覧者が直前に閲覧していたページの上位が表示されます。
◎お客様のページ内の移動も含まれますが、閲覧者が利用した検索エンジンや外部からのリンク元を確認することができます。

 
Total Search Stringsは、閲覧者が検索エンジンで検索した文字列の上位が表示されます。
◎お客様のページのキーワードを研究し、SEO(検索エンジン最適化)のお役立てください。

 
ユーザエージェントは、閲覧者が利用するブラウザの上位が表示されます。
◎ホームページを改修する際に、どのブラウザを対象とするのか検討する際にお役立てください。

 

5.国別(ドメイン別)の統計
閲覧者の接続元となる国別(ドメイン別)の統計がグラフと表で表示されます。
グラフの色は、1番多いドメインが緑となります。other(その他)は、常に白となります。

 
表には、国名が表示されておりますが、日本国内の閲覧者でも利用するプロバイダによっては.netなどに含まれるケースもあります。あくまで参考程度とお考え下さい。

オンラインマニュアルに戻る