Dell PowerEdge 製品iDRAC コントローラーカードの ファームウェアアップデートの御案内

投稿日: カテゴリー: Hardware

Dellから「PowerEdge 製品iDRAC コントローラーカードのファームウェアアップデートの案内」の連絡を電話でもらいました。
ハードドライブの信頼性と寿命を最適化するとのことですが、故障前に誤検知する可能性があるのではと思い早速アップデートを行った手順を備忘録として纏めます。

○環境
サーバー:DELL PowerEdge T320 (iDRAC7)
更新前のiDRACのバージョン:1.57.57
更新後のiDRACのバージョン:2.40.40.40

○補足
iDRACのファームウェア更新はOSやサーバー自身の再起動は不要です。
但し、万一のトラブルを避けるには、業務時間外にOSを停止した状態で実施するほうが望ましいかと思います。

電話の後にメールにて届いたPDFの文面は以下のとおりです。
snapcrab_noname_2016-11-8_10-22-34_no-00

Dell PowerEdge 製品iDRAC コントローラーカードのファームウェアアップデートの御案内

拝啓 貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。日頃は弊社製品をお引き立て頂きまして誠にありがとうございます。
この度、弊社よりDell PowerEdge 製品でiDRAC をお使いのお客様へ新規iDRAC ファームウェアについてご案内させていただきます。
お客様のDell PowerEdge 製品のiDRAC ファームウェアを最新バージョン(v.2.32.31.30 以降)へアップデートを行うことにより、ハードドライブの信頼性と寿命を最適化することが可能です。システムパフォーマンスを維持するためにも、ファームウェアのアップデートの適用をご検討いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

1.ファームウェアの入手
DELL ビジネス向け製品&ソリューションを開きます。
http://www.dell.com/jp/business/p/

サポートの「ドライバダウンロード」をクリックします。
idrac01

サービスタグ番号を入力して「送信」をクリックします。
idrac02

少し下にスクロールして「iDRAC with Lifecycle Controller」の最新版をダウンロードします。
2016/11/8 時点では、バージョン 2.40.40.40(ファイル名:iDRAC-with-Lifecycle-Controller_Firmware_WH24V_WN64_2.40.40.40_A00.EXE)でした。
idrac04

2.iDRACのファームウェア更新
ブラウザで、iDRACの管理画面を開き、管理者アカウントでログインします。
idrac05

現在のバージョンを確認して「アップデートおよびロールバック」をクリックします。
idrac06

先にダウンロードしたファイルを選択して「アップロード」をクリックします。
※ファイルはZIPファイルのままでOKです。
idrac07

アップロードしたファイルが正しく認識されていることを確認して「インストール」をクリックします。
idrac08

「RAC0603:ジョブキューをアップデートしています。アップデートジョブのステータスは、ジョブキューページで表示および管理ができます。ジョブキューボタンをクリックして、アップデートジョブのステータスを表示します。」と表示されたら、「ジョブキュー」をクリックします。
idrac09

Completedと表示と表示されることを確認します。
この後、iDRACの再起動が実施されるので、暫くしてから再度iDRACにログインします。
idrac10

iDRACのバージョンが更新されたことを確認して作業完了です。
idrac11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です